DSC_0677
故浅利篤氏が30年子供の絵を研究されてあみだしの9分割アートセラピーと
占星術家の松村潔氏の占星術が融合した『9分割表リーディング』が基本となっています。
 
人も植物も物も、全てこの宇宙の法則に抱かれながら生きています。
それを小さな銀の世界に落とし込むことで、ミクロの自分というものを見て、
内面にあったものを外に見る事で、潜在意識に影響をうながします。
少しでも変化した潜在意識は、新たな現実世界を築いていきます。
 
そんな考えと独自の感性をもとに、
花ちいえは、自分というものをシルバーアクセサリーやガラスなどを
ピンときたまま自由に組み合わせ、エネルギーを注ぎ込みながら
『日々の生活ともに変化しつづける作品』として一つ一つ手づくりしています。
 
私のエネルギー(氣)の形になった独自のアクセサリーは、
気になる方、ご購入された方にとって人の潜在意識に自然に働きかけます。
生き物と一緒です。
 
そういう設定で制作しているのでそういうエネルギーがその人にとって、
”今”必要なタイミングなのでしょう。
必要な方のもとへいくとおもっています。
 
 
教室に関しては、
ご自分が作りたい形を作れるようにサポートしていくことにより、
「型にはめない」 ことが その人本来の内面的なものが出やすいからです。
制作したアクセサリーの形、制作過程の作業、ご本人と話す時間の全てを
花ちいえが丁寧に感じながら、ご本人が普段気付かないようなパターンなどを
気付けるキッカケとなるようにサポートしています。
 
作るものは、潜在意識が客観的に見て意識できるように作っています。
作った本人が内面にあったものを形として見ることにより再度、潜在意識へ
新たな意識とともに影響を与えます。
 
結果、制作と新たな意識と時間が
自分が自分に必要な癒しの変化を促すためのシルバーアクセサリーを作っているのです。
 
 
 
『本人が望んでいる方向に、より自分らしく進めるキッカケになるアクセサリー』
それが『ヒーリングシルバーアクセサリー』です。
 
======================================
その他の情報。
長いので必要な方はお読みくだされば良いとおもます(^ー^)
 
 
ひとつは、なぜ?銀粘土なのか?
 
銀という素材は、柔らかく色々なものを受取ることができる性質を持っています。
その銀は、占星術では太陽の影響を受け日々、変化していく”月”と対応しています。
 
月は、0歳〜7歳ぐらいまでのこの世で生きていくために両親との関係性から学び、
それからの人生を決定つける無意識の大きな時代の時期です。
 
銀=月=0〜7歳の時代(占星術により)を扱い、変化させていく
 
なぜそうあてはめられるのか?と良く疑問におもったことがあります。
多くの人が学び、そう思う意識の集合が現実の意識を創りだしているから 
それが成り立つのだとおもいます。
集合無意識という言葉を聞いてことがないですか?
 
現実も時により、これが「身体にいいもの」と思う人が多いからそれが
「身体にいいもの」となる
時がたちそれが実は違ったとなれば、「身体にはよくないもの」になる。
そのものは全く変わらず存在しているのに。
そんな風に思ったのです。
 
でも、その根底には、「真理」がある。この宇宙のなかでの全ての源。
そこを原点にしていれば全てが変わらず繋がる。共有性があるのです。
そこに視点と意識をもって活動している人は、
どんなジャンルの違いがあっても、レベルの違いがあっても
全てに共有できるのだと私は思っています。
 
時代によって思う事が違えば、現実の事実、意味は変わっていきます。
それら多くの人の集合無意識によって、存在の意味が共有されていくのです。
 
いつか、月というものの 観点が変われば 全てがかわる。
月というのが、実は、この地球なんです。 になったら。 たぶんそうなんだけどね(笑)
だから、今、多くの人たちが発信しはじめている 
「自分を愛する」 それが多くの人たちが本当にやりはじめたら、
人は、月=本当の自分自身 を外にみています。
この先、
月を外にみなくなったら、この地球全ての人たち自信が月を獲得したら、、、
 
いつかね。その日が来るのを願っています。
 
実際の使用している銀粘土のことは、
相田化学 アートクレイシルバーです。
焼成すると、水分と接合剤が無くなり、純銀99%となる素材です。
 
 
 
銀の素材が表すエネルギー的観点から言うと・・・
 
色々なものを受容する素材なのです。
他よりも柔らかい素材だけに、柔軟性も表します。
 
それが表すように柔軟に色々なものを受け止めてくれます。
人に一番近い 月の満ち欠けと同じように。
占星術では、銀は月(0〜7歳)と対応しています。
 
銀という素材は、昔、使われていた銀食器は、
毒が入っていると黒く反応すると言われるように
人のなかの身体、心の毒素にも反応します。
解毒してくれる素材なのです。
 
 物質だけでなく、その時のエネルギー的なものも
 込められるのです。
 占星術での月は、人のベースになっている
小さい頃の無意識に働く意識、心、
親との関係で決意した時期、
そして、本来生まれてきた時に持っている
人生の大きな欲求を表します。
とても、人の人生の中で、
大きな重要な位置をしめているのです。だからこそ、銀素材=幼少期(0〜7歳)の月時代を扱うことが大事なのです。
 働きかけることにより、対応する幼少期時代のことのパターンを見て、
 改めて今、見ることで、そのパターンを変化させていけるのです。
 そして、自分のための未来を切り開いていけるようになっていくのです。
 
 その変化は、穏やかなこともありますし、
 時には、いままでの安心した環境を自然と、突然に
 全く違う形に壊していく現実もおこります。
 それだけに、本当に望む自分のことと違っていた現実を作りだしているということでもあります。
 
 現実の現象は、すごくても その先には、自分の望む自分や環境があるのです。
 
 料理研究家の辰巳芳子先生の講演に行った際に言われていました
 「現象を見ていてはダメ。その現象の先を人は見て行かなければだめ。」って。
 
 
 
幼少期時代のことは自然と無意識の状態に落とされ、
日常、一番自分が気付かないパターンとなります。
しかし、それが、現実へ常に大きく影響を及ぼしているのです。
 
自分の考え、目標、考え、考え方 など
その根底には、その幼少期時代に 決心したこと、
 
親に愛されるために 自分の本当の気持ちや欲求を押し込めたまま
親の欲求を自分の欲求としていたり、
学びの世界で、これは「正しい」「正しくない」
そういうい事をふまえて全ての知識という社会の考え方
 
・・・ 色々です。
 
本当の自分の望みと違うことを 自分のこととして無意識にも
親に愛され生きていく為に 決心したものが
そのままに、
大人になっていても 自動実行されているとしたら
それに気付いていなければ・・・・
 
ずっと 人の考え、思いで 動いている ロボットのよう。
だから、頑張っても目標を達成しても
何かがずっとずっと 満たされないのです。
 
 
 
 
そして、2つ目に大事な宇宙の法則の「占星術」をあてはめているということ。
 
宇宙のなかに生きる人
そんな宇宙を分かろうとするならば計り知れない時間が必要。
そんな宇宙を占星術は、定規のような役目をしてくれるのです。
宇宙のなかに生きる自分を分かりやすいように客観的にみさせてくれるのです。
 
定規を当てる事により
”今””過去”を知る
それらは、未来に変革を与える力になる。
自分の今、未来をかえていく。
 
分かりづらいかもしれないけれど、過去さえも変えていくのです。
「過去はもう変えられない」と人は言うけれど・・・
それは、人が作った時間軸。
何次元もの空間の空間軸を考えられていない。
過去は自分のなかの像。
自分のなかの像が変われば、過去も変わります。
 
実は、シルバーアクセサリーという”物”を作ることが目的でないんですね。
私は。
 
それを作る自分、作る経過、内面から作りだすこと、それら全てが大事。
そして、作りだした形が促す現実の変化がある。
現実は一番最後。
 
 
私は、今まで色々な方を見てきて思いました。
ヒーリングシルバーアクセサリーは、だから本当にパワフル。
 
想いが形になる。
それが大事だと思っています。
 
 
 
 
癒しな空間で
ゆる〜く、深くしっかりと
私が伝えられることを惜しみなく
伝えていきます。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。