食セラピーとは、
花ちいえがずっと温めつづけた
独自の感性での定義です
感性をもとに、
その“時”にそった選択する
選択ともいわないのかもしれない
時を感じて自然にバランスを保った選択を気がつけばしてた。

そんな風に毎日を自然に自然とのバランスを感じとり、
生活できるような人が増えるように。
バランスを保つ要素
自分、一緒に共をする人、季節、環境、体調、状況
色々自分が感じることを要素一番にする
ただし、この自分というのは
自我という自分でなく
大宇宙と繋がるがある自分。
まず、現在のひとは
合成物や科学的なもの、肉の怨念の残骸まみれになっていると思うので
その体内の浄化からが必要。その後に
ちゃんと感じられる感性によって
自分という感性でセレクトできる人になる
でも、まだ純になりすぎて生きるにはつらい世の中
たまには、質のいい肉などたべて対応するのも

バランスをとる一つのことだと私は思っています。
実際の教室では、

自然とともにあるという事をベースにお伝えしながら
調理のデモや実習、その他に調理とは別に、
実感できることも取入れて、日頃の当たり前を当たり前でなくしたい。
そうすることで、新たな視点で色々と見れたり感じられたりしてもらいたいです。
基本の調理から丁寧にお伝えしていきます。
カットする時の姿勢や包丁の動かしかた、気持ちなど。
料理を通して、食材や調理することがどんなに大切であり、
それらが食べた人の心や体、体調などに影響していくことを
実感してもらえるような経
自然の成り立ちや料理食材に向かうなかで
ゆっくりと食材たちに出会う時間を持ちましょう。
野菜もお米も生き物です。
家族、友達とおなじです。
料理を通して自分を改めて見つめる食セラピー。
普段わかりづらい自分を客観的に見つめられる料理教室
優しくつきあうだけでいつもの自分が見えてしまう
自分に向き合うことが一番の近道!
料理する時の音を聞く、
食材の扱い方、向かい方、
全てに耳や心をそっと傾けるだけで
あなたも知らない自分に出会う。
出会ってしまったらもうその瞬間に変わりはじめています。
毎日のごはん だからこそ、大事。花ちいえが毎日のごはんで取入れている
マクロビオティック料理法をベースにお伝えし、
料理する人の心や想いを大事にした調理法を
大事にしながらお教えいたします。長年の「おうちごはん」のなかで活かしながら
感じとった食と人の心の繋がり。
料理の作り方を学び綺麗に作ることを目的でなく、
料理が出来るまでを大事。

料理も自分も一緒にいる大切な人が
健康でありつづける為に
人生で大事なエッセンスを学ぶことができます♪

そして、料理を学ぶ過程で
自分がどんな風に料理や環境と向き合っていたかも感じとれ、
自然に自分が自分をセラピーしちゃいます。

自分が変われば自然に出来てくる料理が
変わってくるから不思議。

料理は心がそえば魔法なんですよ。

そんな花ちいえオリジナルな料理教室に
ぜひ足を運んでみてください。

ご興味ある方は、以下の詳細をクリック!

(THE BIOKURA(旧クシマクロビオティックアカデミー)Advance終了、暦約10年)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。