黒髪の女性

東京のセクキャバの体験入店では客の目に見えない設備にも注目

東京のセクキャバ求人を選ぶなら、体験入店でお店の雰囲気を見ようとはよく言われますが、これは接客をするスペースだけの話ではありません。
むしろ待機室や従業員用のトイレなど、男性客の目にはつかない場所の雰囲気の方が、重要度は高いと言っても過言ではないでしょう。

集客力や売上にも直結するので、接客スペースは内装に十分力を入れるお店は多いですが、逆に言えば売上に影響を与えにくい従業員用のスペースは優先度が落ちます。
そのため東京の中でも繁盛しておらず余裕のないセクキャバでは、女の子用の設備の質は良くないというお店も少なくありません。
そうした客の目に見えない部分の内装にも気を使っているか、手抜かりなく掃除がしてあって綺麗かなども、体験入店時に見るべきお店の雰囲気です。

客の目に見えない設備まで気を配られているお店なら、働いて不便や不満を感じることも少なく、働き続けやすいでしょう。
それにそれだけの余裕があるということはその分お店が稼げる、つまり繁盛していて客の入りもいいお店ということなので、接客について基本給以上に稼ぐ機会も多いお店と言えます。
意外と働く女性にとってのお店の良し悪しを判断しやすいポイントなので、東京のセクキャバで体験入店するなら、客の目が届かない場所の雰囲気もチェックしましょう。

最新の情報

最新記事一覧

Top